かすうどんを求めて

かすうどん
04 /23 2017
運動不足な管理者です(笑)
なので最近、週末は健康の為、自転車に乗るようにしています。
ルートはだいたい東大阪の町工場(笑)
しかも綺麗な最新鋭の会社よりも昔ながらの鉄工所を見るのが好きです。
すごく歴史を肌で感じることが出来るんです
温かみがあってとても好きです。
その他は商店街を見つけると必ず通りますね
しかし土日はシャッター閉めている所も多い。。。
貸店舗になっている所も結構ありますね。
やっぱり大手スーパーの影響でしょうか。。

う~ん、このブログにかすと関係ない話
を何故書いているのか?

関係ありありです!

工業地帯めぐりも商店街めぐりも

世を忍ぶ仮の姿。

本当の目的は!!

Google Mapもビックリ!!

Kasu Mapマップを密かに作るのが目的なのです(笑)

IMG_20170416_113853.jpg

IMG_20170325_160852.jpg

hirano2.jpg

IMG_20170318_162017.jpg

hirano.jpg

IMG_20170318_125615.jpg

ShinjyoUdon.jpg

RyunoSu1.jpg


AhMen.jpg


fumiosato.jpg

hirano1.jpg



Kasuya1.jpg

こうご期待(してないか。。)










スポンサーサイト

かすうどんのおいしい店

かすうどん
02 /11 2017
管理人のKASULOVERです
今日は今まで行った一部の店を紹介します
(まだまだありますよ~)。
お店の表示する順番は関係無いと、思ってください(謎)


KasuUdonEvis.jpg
かすうどんえびす
かす:★★★★★
麺のコシ:ややこし有
だし:オリジナル
価格:やや高い

evis3.jpg
俺のイチ押し
かすにんにくうどん(写真はかすうどんです)

yao1.jpg
参考:大阪八尾の中央環状線亀井の交差点付近にあります。
かすに臭みがなく万人向けな味付けをしており、
それだけひと手間かけたかすなので
若干お高めですが、リピーターもかなり多く、クセになる味で。
コラーゲンもたっぷりなので綺麗な女性客も多いです(笑)
また大将も気さくな方で、面白いお方です。
噂によると某有名なかすうどん屋は
もともとこの店の暖簾分けした店だと聞いています。





DAIKICHI.jpg
だいきちうどん
かす:★★★★★
麺のコシ:やわらかい
だし:関西風
価格:安い
10857984_681781865271140_3245490582003029725_n.jpg
俺の一押し
かすうどん定食

参考:
大阪市の東住吉区、駒川中野商店街付近にあります。
ここのかす通称 「かすクリスタル」は正直初めて食べた時、
かすの常識を覆すものがあった。
たまりかねた俺は大将に訪ねてみた。
ここのかすは大阪でどこ探しても無い味だと!
たぶん門外不出の味なので言えない!
と言われると思ったが・・・。
関西どこ探してもわしの気に入るかすなかったから
熊本で仕入れてるねん(アッサリ)
ネットで調べたが熊本でかすを売っている情報は
まったくなし・・。
いやいや、そんなんせんでも、この店でかす
小売りもしてるや~~~ん(笑)
ここのかすカスラーになる上でご賞味するべきだと思います。




HAVIKASU.jpg
はびきのうどん
かす:★★★★
麺のコシ:ふつう
だし:関西風
価格:やや高い
4.jpg
俺の一押し
かすうどん
saibosiHAVIKASU.jpg
さいぼし(馬肉の燻製)生姜醤油で食べます

参考:羽曳野市南阪奈側道沿いにある、道の駅しらとりの郷・羽曳野内にあります
羽曳野の郷土料理を素朴に味わえるお店です。
これといった特徴は無いのですが(いい意味で)
かすの博物館のような、
かすに対する熱い情熱を感じます。
havikasu8.jpg

他の店と違ってかすさいぼしと言った羽曳野の郷土料理のメニューが
あるのも特徴です、しかも隣接するJAの経営するあり朝市に行くと
とんでもない値段で野菜やお花が販売されております。
kappaHAVIKASU.jpg
もちろんそこでは地場の食べ物も販売していますので
かすはもちろんの事、見たこともないようなお肉も売っています。
なので、かす知識を高めたいなら通称「かす博物館」に行くべし!



カスラーもコラーゲンたっぷりですがこちらもたっぷりですね





さらに精力増強、パワーアップしたいカスラーへ!







かすうどん

うどん
02 /04 2017
はじめまして、管理人のKASULOVERです。
かすをこよなく愛しています。
スマートフォンに変えてから、かすうどんの写真や、かすを扱うお店を撮り続けて行くこと約3年
大量の写真と情報がたまってきましたので、うまく表現して
素晴らしい かすワールドを紹介出来たらいいなと思っています。

しかし、かすと言う食材は元々は大阪の南河内地域の郷土料理なので
私も関西地域のかすの事しかわかりません。
その辺はお許しを。


しかも、かすはホルモンの仲間ですが、
仕入ルートがかなり制約されているようなので
批評、悪い記事を書いてしまうと
もしかしたら、サイトが消されてしまうかもDETH!!


少しヤバヤバですかね~~(笑)


と、いきなり かすの話をされても 
なんのこっちゃ~~(゚Д゚)ハァ?って方が大半だと思います。



では簡単にかすの説明を。

かす!カミングアウト
かすとは牛の小腸を揚げたもので南大阪地域では『あぶらかす』と呼ばれています。
かす

独特の風味があり、この味に魅せられた人は一種の中毒になる人もいます(笑)
後、よく間違えられるのですが
決して天かすとは全く違いますし、
ビジュアルは椎茸みたいですが椎茸でもありませんので?(笑)

状態はフリーズドライに近いもので他のホルモンとは少し違います
冷蔵庫で1か月~3か月くらい保存できます。
一説ではかすは保存食のために作られたとか??
また、コラーゲンが豊富で美肌効果があるそうです。

かすにもランク付けがありますがそれを書いてしまうとヤバいのでやめておきます。

自分で購入した、かすをうどんや焼きそば等に入れて食べる時、
もう二度とこんな食材食べるか!!全然おいしくない!!くさい!
と思って嫌いになってしまう人がいます。
確かに匂いはホルモン独特の癖のある匂いがしますが、それが嫌な人は
仕方がありません・・・(仕入ルートでかなり強弱はありますけど)
とりあえず、本当に嫌いになってしまった人は

おそらく


火加減で失敗したのだと思います。

ある時間を境にかすは豹変します

しかも美味しさは元には戻りません。

この事について詳しい説明は次回に・・・・(笑)


かすうどん





KASULOVER

かするかすらずかすれど